太陽光発電の設備は補助金がおります

企業にも個人にも補助金制度あり

企業が事業所に太陽光発電設備を設置するとき、あるいは個人が家庭用の太陽光発電設備を設置するときには、いずれの場合も公的な補助金が支給されます。エコエネルギーに対する理解が深まり、太陽光発電設備の普及もすすんだことによって、設置費用も以前よりずいぶん安くなってきました。しかし、補助金としてその一部が返ってくるのと、そうでないのとでは、家計にかかる負担が大きく異なります。申請期間が過ぎてしまってから、補助金が受けられたということを知ったとしたら大ショックですよね。
注意すべきなのは、すべての太陽光発電設備に補助金が一律に交付されるわけではないという点です。各都道府県や市町村によって、補助金の交付額や申請方法、条件などが異なります。そのため、住んでいる場所によって、交付される補助金の金額が違ったり、交付を受けられる条件が違ってしまいます。

補助金についてもう少し詳しく知りたい

上述したように、各自治体によって、太陽光発電設備についての補助金は異なります。したがって、自分の住んでいる町の役所で確認してみないと、正確な補助金の金額や、設置する予定の太陽光発電設備が支給条件を満たしているかどうかはわかりにくくなっています。
そんなときには、設置業者に補助金について聞いてみるのも良いアイデアです。設置工事を行なう業者は、顧客に説明するためにその土地の制度について徹底的に調べあげています。お客さんの負担が少しでも軽くなったほうが、設置業者にとってもメリットがあるからです。また、補助金の申請を顧客にかわって代行するケースも多く、実務に精通しています。補助金について、知りたいことがあったら、電話して尋ねてみるとすぐに解決するかもしれませんね。