太陽光発電の電力は買取が義務付けられれています

余った電気は買取ってもらえる

最近は徐々に太陽光発電システムを導入している自宅も増えて来ました。太陽光発電システムを導入すれば、自宅で発電した電気を使うことが出来ますので、その分電力会社が供給する電気を使う必要がありません。その為、電気代を大幅に減少させることが可能です。オール電化にすれば、更に太陽光発電システムのメリットが大きくなります。
ただし、発電した電気を貯めておくことが出来ませんので、夜や天気の悪い日などは電力会社の電気を使用する必要があります。その為、電気代をゼロにすることは出来ません。
電気を貯めておくことが出来ないということは、もし使い切れなかった電気が有った場合は無駄になってしまうことになりそうですが、実は余った電気は電力会社に買取ってもらうことが出来ます。

買取価格は10年間固定されている

太陽光発電システムで発電した電気の買取は、各業者が独自に行っている訳ではなく、国によって義務付けられており価格も固定されております。買取価格は基本的に10年間固定されていますので、急に買取価格が下落するなどのリスクがありません。ただし、電気の買取価格は太陽光発電の普及が進むにつれて下がって行く傾向がありますので、出来るだけ早く太陽光発電システムを導入した方が、メリットが大きいことになります。
また、電力会社が電気の買取に要した費用は、賦課金として通常の電気代に加えて消費者から回収することになっています。ですので、太陽光発電システムを導入していなければ、電気を買取ってもらうことが出来ないにも拘らず、買取に要した費用は負担しなければいけないことになります。この点からも、太陽光発電システムを導入することのメリットが見出せます。