公共の太陽光発電で街頭や時計が動いていて電気代がかかりません

普及が加速する太陽光発電

太陽光発電システムの普及が進んでいます。世界的にも従来のエネルギー源はいずれ枯渇してしまうと言われていますが、太陽からの光をエネルギー源にすることによってエネルギー問題を解決することが可能となります。太陽の光は非常に大きなエネルギーですので、将来的にますます普及が期待されている発電システムです。また、太陽光発電システムは二酸化炭素を排出しないなど、環境面でも優れています。
仕組みとしては、太陽の光を受取易い屋根などに太陽光パネルを設置して、太陽の光をエネルギーにして発電します。太陽光発電システムは基本的に電気を溜めておくことが出来ませんので、夜中や曇り、雨の日などは電力会社の電気を使用する必要があります。

公園内の電気を太陽光発電で賄う

最近は街中の公園などでも、太陽光発電システムが設置されていることろを見かけます。太陽光発電システムによって発電した電気を、公園内の時計や街灯などに使用したりしています。
ただし、太陽光発電システム単体では電気を貯めておくことが出来ませんので、街灯が最も必要となる夜間に効果を発揮することが出来ません。その為、太陽光発電システムにプラスして蓄電システムを導入することによって、日中溜めた電気を夜間に使用することが可能となります。そうすることによって、電気代をかけずに公園内の電気を賄うことが出来ます。
まだまだ普及段階ですが、いずれはあらゆる公共施設に太陽光発電システムが導入されれば、エネルギー面でも環境面でも大きなメリットとなります。