再生可能エネルギーはCOXを発生しないでエコです

再生可能エネルギーって知っていますか

再生可能エネルギーってご存知でしょうか?パッと浮かぶイメージとしては地球に優しそうといったところでしょうか。実際にそのイメージでほぼ合っています。有名なものだと、太陽光、風力、地熱発電など。詳しい人ならバイオマス発電というのも聞いたことがあるかもしれません。
堅い言葉でいうと「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」という定義があります。しかし、厳密には、太陽光発電は永続的ではありません。ソーラーパネルには寿命がありますし、ソーラーパネルを作るための原材料はレアメタル、限りある資源です。それでも、太陽光自体はほぼ永続的に宇宙から降り注ぎ続けるエネルギーということは事実です。風力も地球の大気が循環している限りは永続的に存在するエネルギーです。地熱も地球の内部のマグマの活動が続く限り問題ないですね。

エコエネルギーのお値段は安いのでしょうか

限られた資源を燃やして発電するのと、再生可能エネルギーを利用して発電するのではどちらが経済的に得なのでしょうか?
もちろん、地球のためを考えれば再生可能エネルギーを利用する方が良いです。しかし、莫大なコストが掛かると普及が難しいという現実もあります。
結論から言うと、エコエネルギーの方が値段は高いのですが、国などの補助金があるので長い目で見れば個人の出費ではむしろお得に運用することも可能です。
エコエネルギーが高い理由は、開発コストを含めて考えねばならないからです。ソーラーパネルがある日突然天から降ってくるわけではないですからね。賢い研究者たちに給料を支払って開発しなければいけません。それに対して、石油を燃やす火力発電なら新規に技術を開発する必要はありません。
しかし、石油はいずれは枯渇して行き、値上がりすることが予想されます。人類全体として長い目で見ると、エコエネルギーを開発する方がコスト的にも良いと言えるでしょう。
また地球温暖化の観点でもエコエネルギーは重要です。温暖化の最大の原因と予測されているCO2は石油などの炭素を燃やすことで発生するからです。エコエネルギーならCO2も出ません。